映画鑑賞記とBASS釣りと馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、釣りネタや競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

ウルフズ・コール

『ウルフズ・コール』 潜水艦で音とともに闘う兵士が主人公、というフランス映画。 アクション映画なのだが、内容は暗く、どうやって危機を回避するべきか、という展開になる。 明確な敵が見えないあたりが、いかにもヨーロッパ映画という感じで、良い映画だ…

インディペンデンス・デイ

『インディペンデンス・デイ 2021』 B級作品が観たくなったので、これをチョイスしたのですが、ある意味予定通り(笑)。 スタートはSFと言うよりもアクションといった感じだったので、あれと思ったが、宇宙人がUFOが登場してからは安っぽさが炸裂。 ウルトラ…

デンジャラス・バディ

『デンジャラス・バディ』 アメリカらしいアメリカ映画というか、アクションコメディです。 なんというか、憎めないダメ人間の乱れ撃ちです(笑)。 サンドラ・ブロック主演作ですが、日本ではあまり話題になりませんでしたね。 それなりに面白い作品です。

忍びたちの本能寺

『忍びたちの本能寺』 新潮文庫から出ている時代小説なのですが、主役は忍びという異色作ですね。 本能寺の変、なぜ明智光秀は謀反を起こしたのか、それを警察小説の手法で探っていきます。 ある意味では地味な作品ですが、面白く読めました。 歴史にはまだ…

セルラー

『セルラー』 この映画を見ると、時代の変化を感じてしまう。 携帯電話がとにかく古い。 折りたたみですらない。 もちろん、スマホなんか知らなかった時代だ。 しかし、昔を懐かしむには良い作品かもしれない。

最香のミッション

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』 アニメではなく実写版、しかも洋画です。 なので、アニメを見ていた自分にはなんともイメージがチグハグで…。 こういう作品は難しいですね。 アニメ版を知らない人には良いかも(笑)。

ピュアフィッシングとの契約終了

ピュアフィッシング・ジャパンとバスプロとの契約終了が大きな話題になっていますが、トーナメントの協賛をやめ、撤退していくようですね。 今後は大衆的な価格の商品で市場に挑んでいくのでしょう。 アブガルシアやバークレーの製品がどうなっていくのか? …

マネーモンスター

『マネーモンスター』 新型コロナウイルス感染症が流行する前の、2016年の金融映画ですが、サスペンスに分類されるのでしょうかね。 一部の金持ちの都合で振り回される庶民の現状と、そこからの暴走。 そしてクライマックスへ。 その当時、時給14ドル。それ…

スプートニク

『スプートニク』 ロシアのSF映画なのですが、エイリアンが出てきます。 それを巡る人間模様も面白いのですが、登場人物がみんな暗いところが、アメリカの作品と違うところ。 あ、でも、アメリカでもヒットしたそうです。。

マイ・スパイ

『マイ・スパイ』 2020年のアメリカン映画。 CIAと少女がロシア系のマフィアと闘うと言うアクション映画なのですが、結構コミカルです。 なんとなく、最近の映画だなと感じてしまいますね。

無修正映画版

『サウスパーク/無修正映画版』 卑猥な言葉が飛び交うアニメとして有名なサウスパークの1999年の映画版です。 見てみたのですが、今の時代では、というか日本では作れませんね。アメリカとカナダを日本と韓国に置き換えたら…過剰反応は必至でしょうね(笑)。 …

9番目の奇妙な人形

『9 〜9番目の奇妙な人形〜』 アニメーション映画を久しぶりに見ました。 ダークファンタジーですが、人類が滅んだ後の世界が舞台です。 発想は面白かったのかもしれませんが、ストーリーにどんな意味があったのか、あまりよくわからない、そんな作品でした。…

富士山はいつ噴火しても…

富士山は既に、いつ噴火してもおかしくない、そんな状況のようですね。 https://news.yahoo.co.jp/articles/4bc74e4a9a98affdfbf6fdadd045537edafb6c68 まあ、活火山ですからね。 ゼロの激震 読んでいこう、心配になっております(苦笑)。

荊棘の秘密

『荊棘の秘密』 同世代の女優、ソン・イェジン主演の韓国スリラー映画。 国会議員候補の娘が選挙活動の開始日に行方不明になる、というサスペンス風の始まりから、どんどんと泥沼化していく。 可憐だった女優が年齢を重ね…そんな部分にも、懐かしさと現実を…

アンチグラビティ

『アンチグラビティ』 記憶の投影された夢の世界が現実とリンクし始めた時…というSF映画なのですが、所々にロシアらしさが感じられます。 やはり、アメリカの映画とは雰囲気が違う。 似たようなストーリーでも、映像の空気感はお国柄が出ますね。 しかし、ロ…

ゼロの激震

『ゼロの激震』 安生正のパニック小説、第3弾。 ゼロシリーズの最終作で、舞台は2021年。 なんとか年内に読めて良かった。 火山性地震が頻発し、その先には大きな被害が予想される、そんな壮大な小説です。 ドラマの日本沈没ともどこか重なっているような……

サイレント・トーキョー

『サイレント・トーキョー』 クリスマスの夜に爆破予告が出され、恵比寿が渋谷が東京タワーが、そしてレインボーブリッジが狙われる。 様々な世代の名優達が、それぞれに主張しすぎない演技で物語を進めていく。 コロナ以前の世界の物語。

風邪

『風邪<ふうじゃ>』 窪塚洋介&小西真奈美 主演のサスペンス。 200種類以上の風邪ウイルスに効く、と言うワクチンを巡って繰り広げられる利権争い。 その果てに見たのは…。 コロナウイルスワクチンでは、副反応なんて言葉を作っていたが、ワクチンでも薬で…

新感染半島

『新 感染半島 ファイナル・ステージ』 韓国のゾンビ映画なのですが、半島南部全体がゾンビに感染し閉ざされている、という設定です。 世界から見捨てられつつある韓国人達がハッスルします。 ただ、鉄道と共に駆け抜けた前作とはだいぶ雰囲気が違ってしまっ…

新変異株

新変異株の登場で、コロナウイルスの終息が再び見えなくなりましたね。 正直、全くわからない。 これだけ迅速に鎖国に踏み切ったということは、ヤバいのでしょうねオミクロン株は。 これまでよりも遥かに決断が早かった。 総理が代わったから?ヤバさが分か…

ウィッチ

『ウィッチ』 アニヤ・テイラー=ジョイ主演のファンタジーホラー映画。 ニューイングランドの地で、敬虔に生きようとした家族が破滅していく姿が美しい。 キリスト教信仰が行き過ぎた時、それが悪魔に反転し、偽善が露わになる。 醜いはずの物語が儚くも美…

日本初確認

オミクロン株、日本でも確認されてしまいましたね。 ナミビアからのようですが、こればかりは仕方がありませんね。 各国が鎖国政策で対応するしかないわけですが、アフリカ諸国ではロックダウンなんて贅沢は不可能でしょうし…。 新型コロナウイルスの猛威は…

レプリカズ

『レプリカズ』 クローン人間は創れるのか、そんなテーマの映画だと思っていたら、もう少し先がありましたね。 2018年に公開された映画なのですが、今後はますますこの手の話題が増えるのでしょうね。 愛するものを復元させたい、それが人間らしい欲求なのか…

狂武蔵

『狂武蔵』 吉岡一門と宮本武蔵の決闘を描いたアクション映画なのだが、ひたすら切り合いが続く。 こんなにも他のシーンが少ないとは…。 残念ながら、途中で飽きてしまう。 かなり人を選ぶことになる映画でしょうね。

第9の生贄

『殺人狂騒曲 第9の生贄』 2019年のロシア映画。 サンクトペテルブルクを舞台に、連続殺人事件が発生し、警察が犯人を追っていく。 呪術やオカルトといった話題も出てくるが、ベースはサスペンス。 しかし、近年のロシア映画は、どんどん欧米に近づいている…

新製品が

釣具の新製品が話題に上がる時期ですね。 ダイワが早く、シマノが後、というのが例年のパターンですが、今年はどうでしょうか? 新型コロナウイルスがドイツ等のヨーロッパ圏だけでなく、韓国なんかでも大流行なので心配ですね。 発表はあっても、発売は遅れ…

スコルピオン

『スコルピオン テロリスト制圧指令』 ウズベキスタンのアクション映画ということで、珍しさもあり見てみました。 テロリストと、特殊部隊の闘いが描かれています。 人種が変わっただけで、目新しい発見は…。 こういう映画もある、そのくらいの感覚で見るべ…

モスクワ劇場占拠テロ事件

『パニック・イン・ミュージアム モスクワ劇場占拠テロ事件』 2002年に発生した実際のテロ事件をベースに描かれたサスペンス映画。 ロシアやチェチェンといった地域に関する知識が乏しくても楽しめるが、歴史を学んで見直すと、非常に味わい深い。 アメリカ…

その手に触れるまで

『その手に触れるまで』 ブリュッセルで教師を殺害しようとしたイスラム教徒の少年の闘いを描いた映画。 ベルギーが舞台ということで、どこか雰囲気が長閑で、深刻な内容とのアンバランスな感じが良かった。 コロナ禍で、こういった映画も作りにくいのでしょ…

ビッグタイム

『ビッグタイム』 ハセベバクシンオー著のギャンブル小説です。 宝島社らしい作品です。 パチスロ、バカラ、そして競馬。 それらがあって初めて成り立つ小説ですが、バカが次々にやらかします。 世の中とはそんなものかもしれませんね。 ギャンブルと無縁の…