映画鑑賞記とBASS釣りと馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、釣りネタや競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

アーク

『アーク』

不老という夢はいったい人類に何をもたらすのか?

科学が進歩した近未来の物語。

主演の芳根京子が素晴らしく、彼女の声に心が動かされた。

勿論、表情もいいのだが、とにかく声の演技が素晴らしかった。

 

こういう作品に心が動く、歳をとったな(笑)。

 

 

尋ね人

『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』

行方不明となった息子を捜している母親が主人公なのだが、主人公以外の出てくる人たちがそろって韓国人らしく凄まじいリアリティ。

新安郡塩田労働奴隷事件が下敷きにあり、誘拐や奴隷のリアル感は流石韓国映画、と唸ってしまう。

映像も美しく、良い映画だった。

 

悪い意味ではなく、韓国映画でしか出せないジメジメ感が確かにある。

 

開戦前夜

ファントム 開戦前夜

核戦争の危機が迫っていた時代の潜水艦の映画。

アメリカの映画だが、舞台はソ連の潜水艦。

 

しかし、今もまた核の脅威にさらされている。

ここを乗り切れても…と感じているのは自分だけか?

無知との遭遇

『無知との遭遇』

千原ジュニアの映画なのですが、野性爆弾・ロッシーて誰?という自分には楽しみきれなかったような…。

宇宙人の侵略と闘う田舎の人々の物語ですが、栃木という場所が絶妙ですね。

制作の裏側と一体となっている作品です。