映画鑑賞記とBASS釣りと馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、釣りネタや競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

おまえの罪を自白しろ

『おまえの罪を自白しろ』

真保裕一原作と言うことで、映画を観たのですが、これは…。

正直、小説が気になってしまったというか、物足りなさが残りましたね。

政治家の孫娘が誘拐され、犯してきた罪の自白を強要される、その設定は良かったが。

 

政治家には正直になってもらいたいものですね(笑)。

 

カンフー少女

『カンフー少女』

2006年の香港映画。

タイトルのとおり、アクションとコメディを融合させた、香港らしい映画。

気になって観たのだが、セシリア・チャン主演というのも…色々とあったが懐かしい。

 

昔を懐かしむようでは、駄目なのかもしれませんね(笑)

コンクリート・ユートピア

『コンクリートユートピア

大災害で一棟だけ残った巨大アパート。

そこを巡って住人と周囲の人々の攻防が始まる。

 

こういう、人間の負の側面を描いた映画は圧倒的に韓国がいい。

韓国映画の本領発揮といった感じの名作。

 

夢に出てきた昔の記憶

ずーっと昔。

まだ小さかった頃、祖母が臨時で住んでいた家が東京のどこかにあった。

東村山?そんなはずはないのだが…

 

古い2階建ての家で、駅から歩き、登って下って辿り着く。

その家の近所には神社だったかお寺だったかもあり、それも古かった。

 

昼食は家族でその家の近くにある店に行った。

大きな川のそばに建った古民家風の店で、その隣では餅菓子を作っていた。

 

たったその程度の記憶なのだが、周辺の道の雰囲気も思い出してしまうくらいリアルな夢だった。

 

しかし、本当にそんな経験はあったのだろうか?

住んでいたのが祖母だったのか?

場所は本当に東京だったのか?

あるいは、三重だったのか?

今となっては、何が真実だったのか、調べようもないのだけれど、夢で久しぶりに昔を思い出した。

 

既視感、自分にも色々とあるのかもしれませんね。

なんとなく生きているのですが、果たしてこれで良いのか?

難しいものですね、生きるということは。

魔法拳

『ナイト・オブ・シャドー -魔法拳-』

ジャッキー・チェン主演のファンタジーアクション。

妖怪と人間の恋愛譚。

元ネタがあるのでしょうね。

 

中国の作品ですが、ジャッキーでなくてもよかったような…。