DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

ブルータスの心臓

ブルータスの心臓』という東野圭吾作品を読破しました。

もう30年近く前に書かれた小説ですが、今でも楽しめるものでした。

今も昔も動機は変わらない。

人間は進歩に限界がある。

そんな事を感じました。

 

隣国でも変化を拒むのか、独裁化が進んでいますね…。