DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

小平奈緒選手よりも

小平奈緒選手、流石でしたね。

連勝街道驀進中の選手が金メダルですから、着差からもある意味必然の結果なのかもしれませんが。「獣のような走り」か~(笑)。

ところで、コークの綾瀬はるかCM、準備万端ですね。

 

しかし、そんなレースとは逆にフェブラリーSはクビ差クビ差の大接戦でした。

世界のムーアを内田ノンコが差した。

個人的な今日の一番の感動はこれでした(笑)。

ノンコノユメ、去勢されて終わったと思っていたが、前走で復活。そして今日、完全復活。しかも前回覇者を破っての勝利。

強いものが勝つのもいいが、番狂わせも良い。

そんな一日でした。