DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

桜花賞から皐月賞へ

濡れ桜の桜花賞は、レーヌミノルが勝利しましたが、予想外でした。

よくて3着かなと思っていた馬が勝つのだから、本当に難しい…(笑)。

ソールスターリングの敗因は道悪よりスタミナ不足と見えました。

道中の走り方から、さほど足元を気にしている様子は感じなかったのですが、今回は終始外目を周る羽目になりましたね。

スタミナを使ってしまい、直線では不発に終わってしまった、そんな風に見えました。

ジョッキーのコメント通りにリラックスして走っていたのならば、長い距離はむかないのだろうなと感じさせられました。

2着だったリスグラシューは距離はもっと長い方がいいのでしょうね。

今回も、もう少しあれば…というレースだったように思います。

果たして、来週の皐月賞はどうなるのでしょうか?

ファンディーナという怪物牝馬の参戦で、「軟弱な牡馬たちがなで斬りにされてしまう…」などという意見も聞きましたが、中山の2000mは簡単ではないと感じます。

2014年の改修以降のここ2年の皐月賞はディープ産駒の庭となりつつあり、馬格もあるので1番人気は必至と見ますが、自分は他の馬を狙う予定です。

現在の本命候補はペルシアンナイトとウインブライトですが、レイデオロもやはり気になっています。

坂で差を詰めて、最後の先頭に立つ、そんな走りができそうというか、似合いそうな馬が勝つ気がします。

調教過程の動画などもチェックし、最終的な結論を出すつもりですが、楽しみですね。

雨でも降ればアメリカズカップも楽しみな存在になりそうですね。

心情的にはサンデーの入っていないレイデオロに期待していますが、休み明けで皐月賞というのはさすがに厳しいでしょうね。

年末までは今年は3冠馬出るか?とも思っていたのですが、ホープフルSを勝ってしまうとどうも駄目ですね。

天気予報を毎日チェックしながら、今週も予想を楽しみたいと思います。

しかし、動画ではファンディーナが牡馬のように見える…。