DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

エリジウム

エリジウム

SFアクション映画ですが、見てみました。

主演の俳優の作品は久しぶりに見たのですが、役によりけりですね…。

なにかが目新しいということもない作品でしたが、最後まで見ました。

 

ウーン、最近は食傷気味なのでしょうか、難しいものですね。

 

ジオストーム

ジオストーム

気象を操る衛星の話なのですが、これがヤバい。

こういうパターンのパニック映画もあるのですね。

確かに、将来的にはありえるなという思いを抱かせる、そんな作品でした。

 

まあ、アメリカ的な映画ではあるのですが。

ウインド・リバー

『ウインド・リバー』

久しぶりに社会派作品を観賞しましたが、重たい作品でした。

ネイティブアメリカンの保留地問題に切り込んだサスペンスなのですが、ストーリーとは対称的に映像は白を基調に美しい。

多民族の共存、それが困難であることを見せつけられる。

 

多くの人の目にはとまらないだろうけれど、少しでも多くの人に見てもらいたい。

ジュラシックワールド/炎の王国

ジュラシックワールド/炎の王国』

気になって、このシリーズは見てしまいますね。

しかし、シリーズ物の難しさか、カオスな感じになってきていますね。

完結編をどうするのでしょうか?

注目したいと思います。

 

ザ・エンド

『ザ・エンド』

数年前に公開になったスペインの映画なのですが、ラテン系ではなく、くらい(笑)。

というか、どんどんと終わり?に向かっていくというストーリーです。

種も仕掛けもないので、評判は良くなかったようですが、個人的には雰囲気の好きな作品でした。