DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

ウインド・リバー

『ウインド・リバー』

久しぶりに社会派作品を観賞しましたが、重たい作品でした。

ネイティブアメリカンの保留地問題に切り込んだサスペンスなのですが、ストーリーとは対称的に映像は白を基調に美しい。

多民族の共存、それが困難であることを見せつけられる。

 

多くの人の目にはとまらないだろうけれど、少しでも多くの人に見てもらいたい。