DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

渇き

深町秋生の『果てしなき渇き』を読んだのは、発売当初だったので、映像化されたのを最近知りました。

と言うことで、『渇き』を観てみたのですが、原作のイメージとなんか違った。

小松菜奈は割と原作のイメージと近かったけれど、全体としては別物でしたね。

復讐、愛憎、ただのヴァイオレンス?

うまく言い表せない作品でした。