DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

ラガド 煉獄の教室

『ラガド 煉獄の教室』(両角長彦・光文社文庫)

読破しましたが、どこかモヤモヤ感が残りましたね…。

教室での惨劇の真相を暴こうとするのだが、どんどん話がややこしくなり、それがうまく収束しない感じでした。

しかし、終盤までドンドンと引っ張っていく作品でした。