DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

秋華賞、枠順の有利不利は?

秋華賞、枠順も発表され、いよいよという雰囲気になってきましたね。

大儀のない解散に首をひねり、大儀のない解散に呆れ、大儀のない合流にうんざり、という世間の雰囲気同様の空模様ですが、これが大荒れをもたらすか?注目のレースですね。

自分の馬券の調子は…ですが楽しみです。

精彩を欠いた予想ばかり書いてしまっておりますが、懲りずに今回も。

まずは

1枠1番 アエロリット

スタートを失敗しなければ先行策は間違いないと思いますが、クロフネ産駒に2000mはやはり長いような気がします。前走から200mの距離延長と最内枠は懸念材料ですね。

この10年、7枠3勝、2.3.8枠がそれぞれ2勝、4枠が1勝、という点をどう考えるかですね。

1枠2番 ラビットラン

この馬にとっても内過ぎるというのは試練と映ります。タピット産駒は日本ではやはり1800mまでの印象です。まあ距離問題以上に、後方からでしょうし、外にどう出すか…脚質的にもマイナスに映ります。

4枠7番 リスグラシュー

今回の本命候補です。どのくらいの位置で競馬をするか、やはり中団前目でしょう。馬場は少々渋っても大丈夫でしょうし、距離に不安もないですね。叩き2戦目が最も良いイメージですし、欠点の少ない馬が枠にも恵まれた、という印象です。地元でのレースというのもプラスと考えます。

4枠8番 カワキタエンカ

逃げ候補の筆頭ですが、アエロリットが最内から飛び出せば番手でも良いでしょう。血統から距離不安も少なく、伏兵としてはかなり面白いと感じています。北村騎手が初騎乗という点が懸念材料ですが、戦法は決まっている馬なので、なんとかなるような気もします。ただ、勝てるイメージは沸きづらいですね…。

6枠11番 ミリッサ

ダイワメジャー産駒だけに距離は心配ですが、馬場が渋っても大丈夫そうな走りをしているだけに、一発があるかもしれませんね。ローズSでも最後まで伸びていましたし、人気以上に怖い存在だと思います 最後は必ず良い脚を使うので、普段より前で運べれば波乱をよびそうです。

7枠14番 ディアドラ

岩田騎手がファンディーナに乗るため、ルメール騎手との初コンビです。その点がプラスがマイナスか…。前走の末脚も素晴らしかった。桜花賞オークスでも上がりは速く、レースを選ばずラストはくるタイプですね。ハービンジャー産駒なら断然こっちですね。7枠もプラスととらえており、これ以上人気が上がって欲しくない1頭です(笑)。

8枠16番 ファンディーナ

正直、調子がよめないのですが、少なくとも前走よりは良いでしょう。ショウナンパンドラミッキークイーンヴィブロスとディープ産駒が続いており、今回も軽視はできないと感じています。良い位置をとれるタイプですし、調子が上がっていれば…。外枠を利して気分良く前目の位置で追走できれば、直線が短い点もプラスに働いてくれるように思います。

上記以外にも気になる馬はいますが、今回はこんなメンバーの中から馬券を構成していこうと考えています。大砲不在ですが、粒揃いなだけに大荒れはないかなと考えました。

しかし、早く連敗街道を抜け出したい。

1点勝負なら、7-14のワイドかな~。