DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

レイデオロかキセキか、それとも…

週末は菊花賞トライアルの神戸新聞杯

有力馬が少なく、ダービー馬に対抗できそうなのがキセキだけ?という世間の評価のようですが、どうでしょうか?

信濃川特別をみる限り、キセキは確かに強い。

しかし、同じルーラーシップ産駒でもダンビュライトの方が期待できそうと評価している人が予想外に多い。

私の周囲にひねくれ者が多いのか(笑)、それとも、調教の動きが見る人が見ると違うのか?

ある人は、「身体の使い方が良くなり、走れる馬になってきている。化けるかも。」と言っていた。

わずかな期間で切れ味が増すにしても限界があるはず。

朝日杯で惨敗だった舞台。

個人的には買わない予定だが、どうなるか?

レイデオロやキセキだけでなく、カデナやサトノアーサーも後方からいくでしょうし、面白いのはマイスタイルかなと。

個人的にカデナやサトノアーサーはどうも阪神2400mを勝てるイメージがわかない。スタミナが求められるコースにあうのか疑問。

その点、マイスタイルはスタミナタイプに見える。ダービーも4着それに弥生賞2着。タイムが遅く、色々言われているダービーだが、逃げ粘っているのは確か。力はあると思う どうかな。

マイスタイルの相手探しをして、今回はワイド1点で勝負したいと思う。

(今のところ、キセキとの予定。しかし、連敗街道まっしぐらなので、2頭には申し訳ない気もするな…)

もしレイデオロもマイスタイルも惨敗するようなら、確かに今年のダービーは…と言うことになるのかもしれないが、そんなに急な逆転はあるだろうか。

オールカマーステファノスの参戦が意外。

相手関係からでしょうが、ツクバアズマオーあたりが巧者らしさを見せて勝ちそうな予感も。

ルージュバック、最後の秋に何かしら見せてほしい。

桜花賞前までのインパクトが忘れられない(笑)。

しかし、それでは馬券は勝てない。

そろそろ当てたいですね(笑)。