DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

ヴィクトリアマイルで気になる馬

14日はヴィクトリアマイルですね。

もう12回目なのですから、時が経つのは速いですね。

NHKマイルは外が伸びるレースでしたが、今回はBコースですから、内枠有利でしょうかね?

近年は高速決着ですが、今年はどうなりますか?

ソルヴェイグあたりが逃げるのではと言われていますが、そうなるとハイペースはなさそうですね。

クリノラホールが逃げるというパターンもあるかもしれませんが、ペースはやはりゆったりでしょうね。

そうなると、直線勝負かなとも考えたのですが、早め早めに仕掛けていく馬が掻き回してくると予想しています。

あまり後ろだと厳しいでしょう。

レッツゴードンキあたりの動きも気になるところでありますね。

現時点で気になっている馬は↓

第51回デイリー杯クイーンカップで2着だったフロンティアクイーンですね。

ユートピアステークスでは惨敗でしたが、これは雨の影響もあったとみています。

デビュー当時は440キロ台だったが、最近は460キロ台までパワーアップ!

積極策に出れば、スタミナはある馬なので、ラストもそれなりに切れるでしょうから穴をあけてくるかもしれません。

マイルよりも長い距離でこその馬には見えますが、東京ですから、積極的に乗ればなんとかなると考えています。

一番勝利に近いのは確かにミッキークイーンで間違いないと思いますが、前々で進める馬ではないだけに、積極策に出る馬にはチャンスがあると考えていますし、単勝で2倍前後が予想されていますが、そこまでの信頼感はないですね。

ウキヨノカゼの厩舎の勢いも侮れないし、楽しみではあります。

NHKマイルには出走がありませんでしたが、現代競馬はディープ産駒。

だとすると、ジュールポレールあたりにもチャンスはあるかもしれませんね。

コース適正というよりも、万能性を感じさせる馬なので、運が向けば一発あるかもですね。

まだ9戦ということで、未知の魅力も十分であります。

長距離輸送をどうクリアするかという課題はありますが、期待感は持っています。

まあ、美浦牝馬のワンツーを見せられた後だけに、怖さもありますが。

3歳と古馬では違うでしょう。

この放牧時代、年齢を重ねれば輸送経験回数は相当なものでしょうから、あえて大丈夫と考えることにします(笑)。

メンバー的には非常に固そうですが、そう簡単にはいかないのが競馬。

なにか人気薄というか、人気の盲点となっている馬を見つけて、おいしい馬券をゲットしたいものです。