DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

予想<有馬記念>&ホープも

ついに2016年も有馬記念が明日にせまってきましたね。

世間を騒がせる災害やテロも多く、世界的には色々ありましたが、それだけに1年か競馬を楽しめたことを感謝したいと思います。

まずは2歳のホープフルステークスですが、ここではキングカメハメハ産駒の2頭が人気ですね。

個人的にはグローブシアターの小柄さに切れの魅力を感じております。

器用さが求められる中山であれば、人気にそむいてもこっちかと。

血統的にもパワーは十分通用するものを秘めているでしょうし、気性に問題もなさそうに見えました。

馬体が軽いだけに怪我をせずにすめば、兄達以上の大物に成長する可能性もあるのではないかと期待しています。

というか、兄達とは異なるタイプの馬として大成してくれると面白いですね。

話題のコスモスに関しては、今回が初の芝コースですから、厳しいと見ています。

話題先行と感じますが、動画を見ただけでは実力が分からないというのが正直なところですね。

強烈なディープ産駒が不在なだけに荒れるかもしれませんが、そうなるとデータの少ない2歳は厄介ですね。

そして、<有馬記念>ですが、こちらは本命を

3枠6番 サウンズオブアース 

としました。

何度も2着に泣いてきた馬ですが、絶好の3枠ですし、内のキタサンブラックゴールドアクターを見ながらレースができるでしょう。

ペースが速くても、あのレコード決着だった菊花賞で2着でしたし、前走のようなスローでも2着にきています。

展開に左右されること無く力を発揮できるような気がします。

マルターズアポジーが隣から先行するでしょうから、進んでいきやすいでしょうし、いい位置をとれると見ています。

決め手が一流とはいえませんが、スタミナ勝負になっても大丈夫でしょうし、期待しています。

重賞未勝利でありながら、このメンバーで現在4番人気なのですから、騎手を含め魅力のあるところと考えています。

人気どころでは、先行できない中で、隣のゴールドアクターに前に行かれるようだとキタサンブラックは相当厳しくなるような気がします。

しかし、ゴールドアクターもピークは過ぎている感じで、減量がハイテンションにつながれば厳しいと感じます。

サトノダイヤモンドも、現3歳勢が早熟世代だっただけでは、との声がありますし、中山むきでしょうかね?

人気先行のような気もしますし、菊花賞から筋肉がつきすぎているようだと、逆に心配でもあります。

まあ上位人気3頭で決着する可能性もあるとは思いますが。

では何を買いたいか?と考えると、魅力的なのは

4枠8番 ミッキークイーン

ですね。

サトノダイヤモンドと斤量が同じと見ると、今年の牝馬3頭はいかにも不利に見えますが、秋華賞でも予想以上に上手く立ち回っていたので、余力もありそうですし期待しています。

中山の急坂や、芝の荒れ具合から厳しそうにはうつりますが、距離不安は無いはずです。

決め手が活きる展開になれば出番ではないでしょうか。

海外では選挙波乱も多かったし、今年はプロ野球でもセ・リーグで25年ぶりの珍事がありました。

クライマックスカードの組み合わせなど想像外としか言いようがありませんでした。

最後に、国民的行事であっと驚く結果が待っている、そんな予感がします。

個人的にはマリアライトに引退の花道を飾って欲しいが、流石に大外の16番は厳しいでしょうね。

突発的に今晩雨が降れば別ですが、それもなさそうなので、無事に帰ってきてくれればという心境です。

有馬記念で当てて、

TVS-64L

買いたいのですが、どうなるでしょうか?

夢を持って観戦したいと思います。