DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

NHKマイルの枠の有利不利

GⅠの東京連続開催となりますね。

3歳のマイル王決定戦であるNHKマイル、今年も牝馬が人気ですね。

桜花賞を4着に敗れたメジャーエンブレムがどんなペースでレースをつくるのか?

あるいは、つくれないのか?

そんなところが一つのポイントとなっているようですが、どちらにしてもそれなりのハイペースではないかと考えています。

1分31秒台が出てもと思えるような馬場状態もあり、隊列は縦長となるでしょうから、枠の内外での有利不利は関係ないかもしれませんね。

そうなると、最後に後方からきた馬がということもあるのでは?と考えています。

皐月賞も高速決着でしたが、勝ったのはディーマジェスティでした。

上記をふまえて荒れることを期待してみたいと思います。

なんといっても気になるのは

7枠15番 ストーミーシー

前走も強烈なラストを見せてくれましたし、若さは成長力をひめているともとれる。

周囲からマークされることもなく、しっかりと脚をためていければ…1発あるとすれば、この馬ではと考えます。

もう1頭は

5枠9番 シャドウアプローチ

間隔があいており、今年初戦がここというのは厳しい気もしますが、東京で3着の実績もあり、伏兵としてはおもしろそうにうつります。

短い距離でもそれなりに走れているように、スピード対応力もあると考えます。

想像以上に成長していた、なんてこともあるかもしれませんね。

ただ、人気馬が2-4枠に集まっており、その枠連ボックスが手堅いのかもしれませんね。

夢を見るか、堅実に予想するか?

過去の結果も両極端なだけに、固いところを抑えつつ、少額で夢を見ようかと考えています。

しかし、天皇賞もここも内枠天国でした、となるとなんだか寂しい気がします。

そんなに簡単か?という気もします。

12番や14番にも面白いのがいますし。

まあ、きりがないですね。