DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

桜花賞を勝つ馬

いよいよ明日は桜花賞ですね。

今回はメジャーエンブレムが圧倒的な1番人気。

正直、ここまでとは思いませんでした。

単勝オッズが1倍台というのは過剰な気がしてしまいますが…。

確かに、今日の阪神の馬場傾向を見ても時計は速め、というか前が有利。

そうなると、逃げることが予想されるだけに、人気が高くなっているのでしょう。

外枠有利と言われ、ローテにも心配な面はありますが、どうでしょうか?

個人的には、勝つ馬は他にいると願っています。

オッズ的にもあえて3強を外して…夢を見たいと思います(笑)。

血統的には、7枠15番のラベンダーヴァレイが候補と見る。

ディープインパクト×フレンチデピュティ(母父)

現代競馬の最高配合の1つと考えているだけに、是非頑張ってほしい。

前走のチューリップ賞は休み明けと展開が敗因で、上位2頭と比べても明らかに切れ負けという内容ではなかったように見えます。

昨年の雪辱という意味では、鞍上もひそかに燃えていることでしょうし、狙っていると感じています。

もう1頭、8枠16番のウインファビラスももしかしたらと考えています。

早い段階で各馬が仕掛けていけば、タフなタイプが生き残る。

外枠ということで、巻き込まれずにレースを進められれば、1発あるかもしれません。

しかし、いずれも展開に恵まれる必要があるのは事実。

3強であることは間違いなく、順当にいけばここでの決着でしょう。

果たして、明日はどんなドラマが待っているのか?

急な雨でも降れば面白いのですが。

桜もだいぶ散ってきましたが、散り際の美しさを楽しみながら、桜花賞を堪能したいと思います。