DVD鑑賞記と競走馬とetc.

見たDVDを記録しておいたり、読んだ本を忘れないようにしたり、競走馬の事等を書いています。その他の趣味の話にも触れています。お暇がありましたらどうぞ。

京成杯&セントウル

本日の重賞は第29回セントウルステークスと第60回京成杯オータムハンデキャップ

スプリント戦にマイル戦ということで、開幕週と天気が馬場を高速にするのかしないのか、非常に気になるところであります。

直前まで空模様は気になりますが、期待の馬はある程度決まっているので、やはりブレずに行きましょう。

まずはセントウルステークスの本命を

1枠2番 リトルゲルダ

としました。

阪神芝1200で2勝とコースとの相性もよく、牝馬の活躍が目立つレースでもあるだけに、本命と見ます。

実力的には

4枠7番 ハクサンムーン

なのですが、今回は先手争いがそれなりに激しくなる事も予想されるだけに、勝ちきれないかと。

もう1頭気になるところとしては

7枠13番 ミッキーラブソング

阪神芝1400で2勝という実績。

3連複やワイドなら期待できると見ています。

2-7-13 の3連複とワイドボックスといったところでしょうか。

京成杯は3歳の有力馬が多いだけに難しいレースですね。

古馬vs3歳という構図になるのかどうか注目しています。

そんな中で本命は

1枠1番 アルマディヴァン

やはり牝馬の内枠は期待したくなるところ。

中山のマイルでも勝っており、好調なことは間違いなく、53kgも魅力的にうつる。

今回も馬券内にはきそうなのが

5枠10番 ダローネガ

ルメール騎手がどう乗るかも含めて注目しているが、実力的には勝ってもおかしくないと見る。

3歳馬のなかではやはり

3枠7番 アルビアーノ

になる。スムーズに逃げられれば、すいすいとという場面もありそう。

しかし、密かに気になっている馬がもう1頭、それが

7枠14番 コスモソーンパーク

まあ人気は無いでしょうけれども、天候に左右されず、中山実績もある。

実力的に足りない気もするし、かなり波もありそうだが、これがこないと言い切る事も難しい。

正直、複勝でしか買えない気もするが、面白そうな馬ではある。

案外やってくれるのでは?と期待しています。